和式トイレで育った私が洋式でウンコできるようになるまで


f:id:shi-ashi-n:20170625195942j:plain
はじめまして。
いきなり汚い話ですみません。

私は一年くらい前まで、洋式トイレでうまく排泄できませんでした。

和式トイレの家で育ったので、脳が「ここはウンコしていい場所!」とイマイチ認識できなかったんですよね。
「なにこれ?椅子じゃない?ここで出すの?」って感じ。
そうだよ~ここでするんだよ~と言い聞かせますが、信じてくれない。

小はまあできるけど、大が全然だめ。
10回挑戦して1回出るくらい。

それでも、自宅が和式トイレだった頃は良かったんです。
外出先の洋式トイレで便意が引っ込んでも、「家に帰ってすればいいや」と思えたので。

ところが、2016年5月に愛しきボロ家を出ることになり、引っ越し先の家にはきれいな洋式トイレが。

これはまずい。
自宅でウンコできないなんて…

ということで、洋式トイレでウンコできるようになるべく、特訓が始まったのです。

そもそも洋式便座に座りたくない

というか、そもそも洋式便座に座るの嫌じゃないですか?
赤の他人が尻を付けた場所に、直接座るなんて…

嫌悪感がつり革の比じゃない。
つり革は基本的に手で持つけど、尻ですよ。

自宅だって、一人暮らしじゃない限り、家族と間接ケッツすることになります。
フローラルな香りがする可憐な妹ならともかく、私が一緒に住んでいるのは両親、つまりオッサンとオバサンです。嫌です。
…ちなみに私に妹はいません。

それで、嫌悪感をどうやって克服したかというと、「諦める」こと。

除菌シートを持ち歩いて、必ず拭いてから座る…などの解決法もありますが、私にはめんどくさすぎて…
諦めて、慣れることにしました。

5年ほど前、通う学校も洋式トイレばかり、最寄り駅にも洋式…という状況になった頃から、少しずつ洋式トイレに慣れてきてはいたんです。
トイレへ行くたびに和式を求めて遠出するわけにもいかず、仕方なく洋式で用を足すようになりました。

今や、首都圏では和式を探す方が珍しいですから、洋式を、他人のケツを受け入れてしまった方が楽です。

そんな環境で徐々に洋式トイレに慣れてゆき、さらに洋式トイレ付きの家に住んだことで、「もう、気にしても仕方ないな」と思えました。

正直、今でもちょっと嫌です。
しかし、この世界はもう、洋式便座に座らないと用を足せない世界になってしまった…

便器内の水が跳ね返ってくるのが嫌

まあ座るのはいいとして、洋式で固いウンコをすると水がポチャンと跳ね返ってくるじゃないですか。
それもなんだか汚い気がして嫌でした。

便器にたまっている水は、前の人のモノを流した後の水なので、直接他人のウンコに触れたわけじゃない(?)とは思うんですけど…

ただこれに関してはインターネットの叡智が解決してくれまして、「ウンコする前にトイレットペーパーを水にのせるといいよ!」という情報を得ました。
紙が水面を覆って、ポチャンとなるのを防いでくれるわけです。

紙は少なすぎても効果がないし、多すぎても詰まる可能性があるので、適量を使う必要があります。
コツは水面と便器の境目に紙を置くことです。
水だけの上に置くとすぐに沈んでしまうので。 f:id:shi-ashi-n:20170625200103j:plain

この方法で、100%ではないですが、だいぶ水の跳ね返りを防げるようになりました。

座った姿勢でふんばれない

そうして「汚くて嫌だなあ」という感情はどうにか克服したものの、和式に慣れ親しんだ体では、洋式でうまくふんばれないという問題がありました。

姿勢的に、洋式は和式よりふんばりにくいものらしいです。

ウンログさんのウントピ!「日本人ならでは?うんちがでやすい姿勢とは?」より引用。

実は洋式トイレの姿勢は、お腹に余計な力を入れる必要があり、腸に負担をかけてしまうといわれています。 逆に和式トイレは、ウンチをするのに最適な姿勢だったのです。
(中略)
洋式トイレは普通にイスのように座ると、肛門に続く直腸が直角になってしまい、ウンチが出にくくなってしまいます。 ウンチが出たとしても、残便感があることも。 あるいは、お尻に体重が乗る姿勢が続き、痔などの原因にもなります。 https://unlog.me/topics/shiseinihonjin

私は便秘気味で腹筋も弱く、そのうえ慣れない姿勢だと全然おなかに力が入りませんでした。

背筋をピンと伸ばしてみたり、逆に前屈のような体勢になってみたり、体をひねったり…

もう便座の上にしゃがんで和式ウンコの姿勢をとるか?と考えるところまで行きました。
やりませんでしたけど。
バランスを崩して便器内に落ちたりしたら嫌だし…

そして試行錯誤の末に、『考える人』のようなポーズに落ち着きました。

さきほど紹介させていただいたページでも推奨されていたので、きっとこれが最適なのでしょう。

自然な前傾姿勢が良いようです。
よく考えたら、和式トイレでも前屈したり体を真横へひねったりしないしね。
私の実験はやりすぎだったんですね。

洋式でもできるもん

こうして特訓するうちに、私の脳も「おっ、ここでウンコするんだな!」と認識してくれるようになりました。

今ではもう「白くて穴が空いた椅子みたいなやつ」=「ウンコする場所」とインプットされ、座れば自然にスルスルと…は出ないんですけど。
便秘気味なのは別に治ってないので。

ただ、昔のように「洋式だから出ない」ということは無くなりました。
おめでとう!

もし、かつての私と同じように「洋式トイレだと引っ込んじゃう」という方がいたら、この記事に少しでも勇気づけられたらいいなあ。
あなたも洋式トイレと仲良くなれますように。